スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

やっぱり減ってるんや

農業人口

おはようございます。
今朝の神戸新聞にこのような記事が出てました。
最近農業が人気なんて一部の新聞に出てましたが、現状は農業人口は減る一方なんです。
平均年齢が65・8歳なんてもう現役を終わった方ばかり。これでは農業人口が増えるわけがない。
一度減りかけたら元には戻らない。自給率を上げるだなんて言う前にもっとしなくてはいけないことがあるでしょう。長年の減反政策を改めさぁ~自由にいくらでも作りなさい。そんな急に言われてももう機械も処分してしまいましたよ。それに自分で作るより買った方が安くつくもんね。これでは農業人口が増えるわけないです。自給率上げるだってちゃんちゃらおかしいわ。市場経済でしょう。安い野菜を中国から買えばいいじゃない。
 本当に自給率あげたい。安全で美味しい野菜やお米を守りたいのだったら日本の農業を保護しないと。同じ海外との条件だったら日本の農業は負けないと思います。日本の円の十分の一のところと競争しても金額だけなら勝てませんよ。
このまま行けば農業人口はもっともっと減ってしまう。一度農業の機械や田んぼを手放すと元に戻すことなどできませんね。
2010-09-09(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

塾長様、こんにちは
ほんとに仰るとおりです
最近は、少し高くても安全な農産物を買う人と、
少しでも安い物を・・と言う人がはっきり分かれますね。
不揃いでも、虫食いでもいい、という消費者がもっと増えれば
減農薬、無農薬にも繋がりますし、
そういう安全な食べ物はやはり国内産にしか望めないと思います。
このまま、農業離れが加速すれば、私たちは農薬漬けのお野菜、
輸出用に薬をいっぱいかけられた農産物をたべなければならなくなりますね。
今、生活クラブでは無農薬米を作る事を実験中です
まだ毎月一袋づつしか買えませんが(それでも多くなった方です)
高くても安全な物、これは日本でしか進められないと思います。
日本の農業が活性化するためには
やはり我々消費者が、安いものに走らない事ですね。
勿論国にもやってもらわなければならない事もたくさんあるでしょうが、
まず、我々消費者がもっと危機感を持つべきですし、もっと賢くならなければと思うのですが。
2010-09-09 15:17 | Hulaさん | URL   [ 編集 ]

 

塾長さんこんにちは

今日はコメント入れるのに躊躇していました。
農作業はしんどい割には手元に残るお金が少ないです。

肥料代だって馬鹿になりません。
農機具だってそう容易くは買えません。

買えば支払いに追われ・・・手元に残るお金なんて微々たるもの
それが日本の農業でした。

働いて働いても暮らしは楽にならない・・・
そんな私の子ども時代でした。そういう親の姿をみて育ったからこそ

若者は農業から離れて行ったのでしょう。
多利南さんのように新しいやり方で魅力ある農業にしようと頑張っておられるところもあるんです。

まだまだ捨てたものではないと思います。

良い物を作ればおのずと人は集まってくる・・・
デニム会社「カイハラ」の社訓です。
なんか支離滅裂になりました。ごめんなさい

2010-09-09 16:38 | 紅葉 | URL   [ 編集 ]

Re: 日本の農業を守るのはいったい誰だ 

> Hulaさん 今日は
> 難しい問題を提起してしまいましたね。そんなつもりじゃなかったのですが、これほど農業人口が減っているとは私も正直驚いています。それにこの平均年齢の高さです。もう企業ならとっくに退職しています。
> ようするに退職したような方でないとやってもらえないということですね。若い人が農業をしないのは何もしんどいからやらないんじゃない。やっても食えないからやらないのです。

食えるようにするには、本人の努力もさることながら、やはり消費者の理解が大きいとおもいます。勿論国の
保護に頼るところもありますがね。それも含めて消費者の日本の農業に対する愛情かな。
2010-09-09 17:16 | 塾長 | URL   [ 編集 ]

夢に向かって 

紅葉さん 今日は

励ましのお言葉ありがとうございます。

一生懸命に下を向いて良いものを作っていたら幸せはきっときますよね。
そうでなきゃ平等じゃないですよね。くたびれ儲けばかりじゃ農家の人口は
益々減っていっちゃいます。
最近農機具を使った事故が丹波で起きているとのこと。
新聞の内容を観てびっくり。コンバインを使っていた方が82歳の方でした。
そりゃ無理やろ。そんな方が農業を支えておられるんです。
2010-09-09 17:24 | 塾長 | URL   [ 編集 ]

 

 東京新聞も農業人口の減少を取り上げていました。
 政治家はもちろんですが、消費者・国民も危機感持ってもらいたい、というか、普通の感性を持っていれば、危機感持つでしょう。
 「保護」という言葉は正確ではありません。商工業、つまり、大企業を優遇しているから、同じような扱いをすべきだということです。保護といえば大企業も保護されていますよ。エコポイント、公共事業、特別税制。千葉県などは京葉工業地帯を作るのに、企業に固定資産税を市民よりも安くしのです。それゆえに、あれだけの企業が進出してきたのに、税収が上がりません。農業も同じように優遇すれば、優遇が優遇でなくなります。
 大分、私、頭にきています。農業振興は大企業進行と同じように金が掛かります。それをしないのは、自給率を上げる気がないということです。餓えてもいいと思っているとしか思えません。
2010-09-09 21:33 | スキップ | URL   [ 編集 ]

 

2010-09-09 23:49 | ここ | URL   [ 編集 ]

読んでみます 

ここさん おはようございます。

はいこの本を買って読んでみます。

でも日本が食料自給率世界5位なんてどうにも信じがたいのですが。
2010-09-10 05:31 | 塾長 | URL   [ 編集 ]

どん底までこないと 

スキップさん おはようございます。

農業を守る目的で作られた減反政策。実はこのことが日本の農業によくありませんでしたね。
減反して安い補助金をバラまくより減反になったところをどのようにしていくかをもっと議論
するべきでしたね。減反は毎年増えるもんだから、米をつくる意欲がなくなりましたね。今に
なって減反撤廃。いくらでも作れといわれてもその準備をしていません。農協の30キロ6000円
の引き取り価格ではもうお米を作るところはなくなります。野菜農家に変わるにしても上手くいくか
わかりません。
2010-09-10 05:41 | 塾長 | URL   [ 編集 ]

 

22%は大きいなー
丹波を考える上で、貴重な、そして深刻なデータです。
2010-09-12 15:19 | 不良中年 | URL   [ 編集 ]

えらいことだす。 

不良中年さん 今晩は

凄い数字でしょう。それに平均年齢が高すぎるとおもいませんか。
2010-09-12 19:11 | 塾長 | URL   [ 編集 ]

かわら版
- お知らせ -

これまでの沢山の応援
本当に本当に
ありがとうございました。

.
.
プロフィール

tariminami

Author:tariminami
65軒の組合員で構成
されています。

米作りは、野菜作りは
人作りです。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ちいロック
猫くんの顔をクリックすると…
とってもシャイな猫くんです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
このブログをリンクに追加する
野菜くん
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QRコード
Mouse
powered by
3ET
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。